12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-01 (Sun)
小鉄です。
ママは、勝手に書いてばかりで納得いかない

僕にもいろいろ言いたいことがある。

まずは、一番怖い おとーちゃん。
うちでは、一番偉そうだ・・・。
実際、怖い。
僕がペットショップにいたときは、おとなーしくしていたのさ。
この家に来た瞬間に、僕の中に隠していたモンスターを解き放ったときは、
怒る!

おとーちゃんも、おかーちゃんも唖然としたいたのさ。
僕がこの家で一番になれると思ったのも束の間・・・。
さらなるモンスターがこの家にいたのさ。
その名はおとーちゃんこと「the 大鉄
ガタイは、肩幅チョー広っ。胸板むちゃ厚っ。歯は虫歯知らずで、真っ白け。
この大鉄が、恐ろしかった・・・。
僕が、天真爛漫に家で遊んでいたら、
「この傍若無人な小鉄め!いいかげんにしろ!」と
「がぶっ!」
その虫歯知らずの真っ白な歯で僕に噛みついてきたんだ!
しかも馬乗りならず、犬乗りで!
その頃の僕は、まだ幼くて対抗できず、されるがまま・・・。
負けてしまったのさ。
つぇぇぇ。

けど、もう昔の僕ではないから、いつかこの家の実権を握ってやるんだ!
今は、一位 大鉄二位 小鉄 、三位 姫鉄 の順位で格付けされているんだ。
きっと大鉄は、自分の地位を揺るがないものにするのに、
自分は「大鉄」、ぼくを「小鉄」と名付けたに違いない!
大鉄、なかなか策略家だな。あなどれないぞ。
起きている大鉄にはかなわないので、一緒に寝ているときに、
オナラを掛けてやるんだ。
このオシリで!
このオシリ!

けど、この前はあまりにやりすぎてゲージに閉じ込められた・・・。
大鉄、本当は寝てねぇんじゃないのか?

いつかこの「鉄家」の実権をにぎり、
「王鉄」になってやる。
大志を抱く



あっ、おとーちゃんお帰り。
プール行ってきたのぉ。
可愛く寄るから、じゃれるからご飯ちょーだい!

くれやしねぇ。
| 小鉄からの声 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。